FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今朝の韮崎アメダス最低気温は、何と13.5℃と12月とは思えない暖かさ。
昨日でさえエアコンで温まっていたのが嘘のような朝。
未明まで降っていた雨も上り、一気に冬型の気圧配置になったそうですが、空は晴れて陽射しが注ぐ拙宅の居間。
勿論戸外では冬型の気圧配置特有の北西風が吹きまくっておりますが、屋内では冬装束から2枚ほど脱いで丁度良い暖かさ。
我のだめ部屋もカーテン越しに陽が入り暖かく、リヒテルの平均律を懐かしく聴いております。
今もレコードボックスに鎮座する新世界レーベルのレコード平均律クラビーア曲集、第1巻3枚、第2巻も3枚、これらリヒテルの6枚のレコードは、ベルリンカルテットのラズモフスキーと一緒に一番大事にしていたレコード。
何れも40年以上前、爪に火を点しながら貯めた小遣いで買いそろえたお宝でした。
今では、ズスケのもベートーベン弦楽四重奏曲として全てCDになり、この部屋の隅に積んであるVCDラックに入っています。
Folder.jpg
以前も投稿したように今聴いているリヒテルの平均律も全て今年に入り、某通販サイトから20円でダウンロード購入したMP3ファイルです。
生協の宅配運転手さん、当地を吹荒ぶ木枯らしにビックリされていましたが、この風が吹いてこそ、冬の到来なんですよ。
1812051.jpg
こちら気象庁からお借りした今夕18:00の天気図です。
この天気図をみると、等圧線が縦縞模様、そして北東に進んだ低気圧は、だいぶ発達したようですし、大陸からは移動性高気圧が進んできました。
明日頃までは、冬型が続き当地は晴れるようですが、週間天気予報では明後日にはまた天候が崩れるとか。
高気圧の後ろからは低気圧もやって来るわけで、中々冬型の天気が長続きしません。
暖冬は有難いのですが、その場合南岸低気圧による大雪が心配です。
昔は、雪を見ると血が騒ぎましたが、現在の体調では雪に負けてしまいますもの。
昨日焙煎したタンザニア・エーデルワイスですが、テースティングの結果、少し軽めなシティローストと云った案配でしょうか。
未だ焙煎後二日目なので、もう少し味が落ち着いてくると思われます。
先に焙煎してあるモカイルガチェフG1コチャレは、焙煎後の華やかな香りが消え、落ち着いたモカ特有の味と香りになってしまったのが残念。
もっと早めに飲み終える筈だったのですが、色々ありまして・・・・。
さて、今日聴いているのはシベリウスの交響曲です。
サー・コリン・デイビス指揮、ロンドン響によるシベリウス交響曲全集から、1番と4番。
201811281.jpg
何れもライブレコーディングだそうですが、それを感じさせないような良い録音です。
しかも某通販サイトから、MP3音源として一山600円也でダウンロードしたデータをCDRに全曲焼いたもの。
これをMP3再生用に使っている2,649円で、やはり某通販サイトから購入した安物DVDプレーヤーで聴くわけです。
このDVDプレーヤーですが、安物だけ有ってリモコンの利きがイマイチと云った調子で、近づかないと反応が悪いのが難点。
しかし、本体に付いている操作ボタンは少なくリモコンを介さないと動作しないと云うプレーヤー。
クラッシック音楽でさえ、CD販売が落ち込んでいるようですし、いずれ音楽配信が中心になるやもしれません。
既にほとんどがデジタル音源ですから、販売もダウンロードが主流になるのかもしれません。
最近販売されている音楽再生機器では、MP3データを音楽ソースとして扱う機種が殆どです。
拙宅でも居間に置いてあるCDラジオにはUSB端子が付いていて、MP3データを再生する事ができますし、CDRに焼いたMP3データも再生できるわけです。
そんな経緯もあり、我のだめ部屋のステレオにもそんなMP3データを再生できる機能を追加したわけです。
今日も小春日和が続いていますが、そろそろこの季節らしい気候に戻るようです。
11月も既に中旬を迎え、明後日には予約しておいた年賀状が届きます。
喪中欠礼の葉書も届き始め、コンビニにもクリスマス用だけじゃなく、気の早い正月用商品も並び始めています。
IMG_6593.jpg
来年の事を言うと鬼が笑うと申しますが、2019年のカレンダーも配り始めています。
上は、喪中欠礼葉書と犬のカイ君がお世話になっているペットクリニックのカレンダーです。
可愛いので毎年、手洗いに掛けていますが、嫁も毎年楽しみにしているカレンダーです。
明日は私の循環器科クリニックへの通院日なので、そこでもカレンダーを戴く筈。
来年用カレンダーには2019年と入っていますが、さすがに元号表記はありませんね。
来年まで新元号は秘密らしいので仕方ありません。
1811121.jpg
AZオフロードのカーステレオ用に新しくMP3データのCDを用意するため、いろいろな曲をCDから取り込みましたが、その内の一曲がプロコフィエフの作品119のチェロとピアノのためのソナタです。
ショスタコと同じくらい好きなチェロの曲です。

youtubeから良さげな全曲演奏がありましたので貼っておきます。
少し肌寒いけど、曇りがちで時折雨が降る秋の日、憂鬱なリアルなオシゴトと渋滞の帰路。
カフェインが切れたようで、待ちきれず途中で寄り道の珈琲ブレーク。
夕餉の後は、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーなんぞと洒落込んで。
と云うより今朝、某半国営放送局のFMで久しぶりに聴いた「懐かしい土地の思い出」のためでしょうか、でも選んだのは脈絡もないピアノ曲集四季でした。
有名な1番以外のピアノ協奏曲を聴くため、一山幾らで買い込んだ、チャイコフスキーの55枚入りボックスセット。
そこから選んだのは、チャイコフスキーのピアノ曲を全5枚に纏めたマイケル・ポンティのピアノ演奏。
181109.jpg
このボックスセットは、ブリリアントの物ですが、同じ演奏がナクソスレーベルやメンブレンレーベルなどの廉価版からも販売されているようです。
大体これだけで5,000円程ですから、55枚で諭吉さん1枚でお釣りがきた、このブリリアント55枚セットの勝ち。
この55枚セットも残り54枚、気が遠くなりますなぁ。

youtubeから良さげな全曲演奏を貼っておきます。
今夜選んだのはこんなレコードたち。
IMG_6558.jpg

IMG_6560.jpg
チョット軽めな処を選んでみました。
何も考えず、能書き抜きできいています。
少しだけ昼間の温もりが残るのだめ部屋。
もう少しだけ秋の名残を味わっています。
素面で聴くにはチョット寂しいかな。

Powered by FC2 Blog