プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


未明から雨が降っています。
久しぶりのお湿りです。
我喫茶きまぐれ、先程在庫が底を着き始めたモカ・イルガチェフ・G1・コチャレを煎豆屋さんへメールで発注。
おそらく今夕ご主人が帰宅がてら、お届けいただける事でしょう。
今週お薦めのスペシャリティ―珈琲は、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ。
一昨晩ジェネカフェで200g焙煎しました。
焙煎温度と時間を240℃20分に設定し、チャンバーの温度が100℃に達するまでの時間、豆の色、排気の匂いなどを考慮(笑)しながら、一爆ぜが終わって一呼吸置いた13分48秒でヒーターを切り、以後60℃まで冷却運転。
先程朝餉の後確認した処、ハイロースト程度に仕上がったようです。
先日も投稿したように焙煎後5日目辺りが一番美味しいそうですから、エージングの後が楽しみですが、その頃はだいぶ減っている筈。
いくら珈琲好きでも自家焙煎まで手を染める方はそれ程多くないと思います。
今回は、そんな成り行きを少しお話しようかと考えました。
以前も一部投稿した事がありますが、ご容赦ください。
今から四半世紀近く前、それは某生活協同組合の共同購入からはじまりました。
大手ではない、珈琲会社の各種焙煎豆を取り扱かっておりました。
ある時、本物志向と云う触れ込みで、珈琲豆を自分で焙煎してみませんかと云う案内広告がはいりました。
焙煎用の小さな手網とキリマンジャロ生豆がセットになり、1,000円で充分お釣りがくる程度でしたから、やってみようと即注文。
手網焙煎も初めてみると結構面白く、焙煎直後豆を挽いてドリップすると感慨深い思いもして悦に入ったものでした。
以後暫く同生協から生豆を取り寄せておりましたが、いつしか注文書に珈琲生豆の欄が消え、その小さな珈琲会社の製品の代わりに某大手珈琲会社の焙煎豆に替わっておりました。
もちろん手網があるわけですから、珈琲豆の焙煎をしたいわけですよね。
同生協曰く「注文が少ないから取り扱いを止めた」との事。
私の勤務先であろうと、普通そのような場合、それなりの代替措置を講ずるか、きちんとした説明を消費者にするのは、メーカーとしての最低ルール。
それを一方的に何の前触れも無く反故にした生協に腹が立ち、その後生協と云う業種を信じられませんでした。
最近、私も丸くなったのか、嫁が再び別の生協から食品等を購入したいと云うので、やむなく了承しましたが、心の何処かに生協に対する不信感は残っています。
珈琲豆については、ご近所筋向いに煎豆屋のご主人がお住いだった事を思い出し、お店で焙煎する生豆を分けて欲しいとお願いした処、快諾していただき現在に至るわけです。
その後20年近く手網焙煎を続けておりましたが、キッチンにチャフが大量飛散する事が嫁の逆鱗に触れ、ジェネカフェを用いた機械焙煎に切り替えたわけです。
手網焙煎を続けていたお蔭で、珈琲豆の焙煎についても多少拘りと持つ事ができ、今も試行錯誤ですが、美味しい仮想自家焙煎珈琲店、「喫茶きまぐれ」を目指しております。

今週後半の珈琲は、モカシダモG4。
ジェネカフェを240℃20分に設定し、13分12秒で冷却開始。
一昨日焙煎し、少しずつ試し飲みの結果なんとかエージングが終わり、モカ・イルガチェフ・G1・コチャレの代わりに使い始めています。
いつも200g毎に焙煎を行っていますが、なんせ店主もお客も全て私一人が兼務している関係もあり、今後100g毎の少量焙煎も視野に入れようかと考えております。
今は、ジェネカフェを使った機械焙煎ですが、以前は小さな手網による焙煎でした。
チャフの飛散と、焙煎度合の調整が難しいのが難点で、機械式に替えた次第。
ただ、その分一回の焙煎量が200gと、多いのがやむを得ない処。
さあ、在庫の生豆から次の焙煎豆を選んで用意しないと・・・・。
さて、今朝の天気予報では、夏日或は真夏日予想だった山梨の気温、最低気温こそ韮崎アメダスで12.2℃と暖かでしたが、その後余り気温は上がらず、17.3℃がやっと。
夏装束になった私も何か羽織る物がほしくなりました。
久しぶりに掛けたCDは、メンデルスゾーンのオルガン曲集から。
オルガンソナタ第1番ヘ短調作品65-1、同2番ハ短調作品65-2、同3番イ長調作品65-3その他をヨハネス・ブライヒャーのオルガン演奏、1999年の録音との事。

Youtubeに作品65-1から6まで全曲の演奏がありましたので貼っておきます。
メンデルスゾーンは、バッハ以来のオルガン曲の作曲家としても活躍していたようです。
私の思いかもしれませんが、宗教色の強いバッハに比べ、温かみのある親しみやすいオルガン曲のような気がします。
上の孫二人は昨夜拙宅にてお泊り保育。
午後はママたちと韮崎中央公園でミニSLに乗るんだそうです。
私は予約していた理髪店で寂しい頭を散髪後、ご近所商売敵(笑)のカフェで一休み。
モーニングで、エチオピア産モカ・シダモ、しかも農園指定の豆をシナモントーストと共にオーダー。
豆は北杜市大泉の焙煎工房にオーダーしているそうです。
同業者(嘘です・笑)として、御店主のこだわりが伝わってきますね。
起き抜けで、タンザニア・エーデルワイスを飲み、カフェインを補給したはずだが、4時間も経つと薬効が落ちてくると云う依存症の情けなさ。
浅煎り豆から漂うモカフレーバーが心地よすぎました。
飲み終えた後、齧るシナモントースト、外はカリカリ、中はもちもち。
食べ終えた後、更にカフェインを追加すべくお代わりをお願い。
豆を替えても良いとの事でオリジナルブレンドを追加。
コロンビアとブラジルベースと云った処で、結構ヘビーな豆のよう。
これで400円は安すぎる。
ぶっちゃけた話、我喫茶きまぐれにしても、この店の豆と同等なモカ・イルガチェフ・G1・コチャレの場合、一杯当たり生豆原価で50円以上掛けないと美味しくない。
いつも1kgづつ上記モカ・イルガチェフG1・コチャレ、タンザニア・エーデルワイスAA、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ以上3種類の生豆を取り寄せて交互に焙煎しておりますが、やはり少量なので単価が上がり気味。
これに200g毎焙煎するための電気料金(1.3キロワット/時)と云う環境に悪い作業。
お湯を沸かすためのガス料金、器材等の償却費、人件費、店舗にかかる不動産関係費用も必須費用。
まあ、ファミレスの珈琲と異なり、比較的重めの珈琲ですから、食事の前後に1杯ずつ精々計2杯のめば充分。
お店の名前は、「CAFE TRETAR」スウェーデンの言葉で、3杯目の珈琲だそうですが、3杯飲むのは・・・・・・(笑)・・・きっと長居できるお店なんですね。
珈琲豆を自分で焙煎すると、その素性がはっきりしているので、飲み方もそれに併せる事ができます。
当店(拙宅)で今週お薦めは、タンザニア・エーデルワイスAAのミディアムからハイロースト。
昼餉の後、飲みすぎかもしれませんが、一杯淹れました。
朝起き抜けで飲んだ同じ珈琲とは思えない味。
私の固定概念かもしれませんが、珈琲は食前に飲む方が美味しく感じます。
話は戻りますが、こちらのカフェでは、当喫茶きまぐれ同様一杯ずつ豆を挽きドリップしておられます。
そのため、比較的時間も掛かりますが、その分美味しい珈琲がいただけます。

今週後半用に用意した珈琲豆は、タンザニア・エーデルワイスAA。
ジェネカフェに200gの生豆を測り入れ、焙煎温度240℃でタイマーを20分に設定。
曇りがちながら時折陽も差す天候、気が付けば雨も降り始め、一瞬強風と共に雨脚も強まり・・・・・。
雷鳴こそ鳴らなかったが、にわか雨。
暫く経って、天候が落ち着きを取り戻した処で焙煎を開始。
途中で停電したらチョット面倒になるので、ここは心房が肝心。
明後日には、現在飲んでいるコロンビア・サンアウグスティン・スプレモを使い終わるので、その頃にはエージングもされ、落ち着いた味になる事でしょう。
IMG_5476.jpg
こちらが、今日のタンザニア・エーデルワイスの画像です、クリックすると大きくなります。
豆の色と匂いを確認しながら一爆ぜが終わり、タイマーが残り6分30秒を示した処で、冷却を開始。
BGMに流すのは、東京カルテットが奏するバーバーの弦楽四重奏曲全曲、宮沢明子さんの告別他をキッチンのCDラジオに繋ぎ、MP3収録したUSBメディアで聴いております。
余り欲を出して、焙煎度合が上がらぬよう冷静に冷却開始のタイミングを計るのも一興。
世間様は大型連休などと仰いますが、アルバイト先はカレンダーとおりの通常業務。
時折作業用ノートのスリープを解除して、メールによる作業依頼を確認。
メールの受信はできるが、送信時タイムアウトしてしまう???。
しかし、勤務先のサーバーへ繋いだ場合は全く問題が無かったのにねぇ。
親会社のサーバー経由の際のみの現象らしい。
システム担当者と折衝したが、どうも先日行った送信サーバーの設定変更に問題があったようで元に戻す事になった次第。
どうも社内システムと親会社経由のシステムとでは、いろいろ在って苦労させられておりますょ。

米国の作曲家サミュエル・バーバーの弦楽四重奏曲作品10全曲を貼っておきます。
皆さまお馴染みの「弦楽のためのアダージョ」は、この作品10の第2楽章を弦楽合奏用に編曲したものです。
あまりに第2楽章だけが有名になり過ぎて、他の楽章は余り聴かれないのはモッタイナイ。
この機会に全曲を楽しまれるのはいかがでしょうか。
半島北側の国、Xディとか呼ばれた昨日、取りあえず不穏な事が無かったためか、2円近くの円安と日経全面高。
里帰り??した娘と嫁と連れ立って、近くのカフェでオープンサンドの昼食を摂る。
ご近所に出展した店ですが、私一人では気まずいため、娘を出汁にしただけ。
このお店、北欧風オープンサンドをメインメニューに据えていた。
珈琲は、カフェインレスも用意されていたため、妊娠中の娘はそれをオーダー。
嫁はアールグレイ、私はエチオピア(モカシダモ)に。
お店の方が「エチオピアは浅いりなので酸味が強い」と仰る。
無論それは承知の上でのオーダー。
某国系スタンド珈琲のような煙いモカの深煎りはご免蒙りたい処。
セットメニューと云えど一杯ずつ豆を挽きドリップしている。
先ず食前に一杯、上質な豆を使っているようで、モカフレーバーが心地良い。
カップに並々注がれるのは、好みではありませんが、贅沢言ってもしかたがない。
珈琲はお変わり自由との事。
17881522_1653085084708309_4082694314126213120_n.jpg 17662386_332755610472325_724497846815948800_n.jpg
こちらの画像、webよりお借りしましたが、美味しいですよ。
私は、4つのオープンサンドメニューの内、左下の豚肉と林檎のオープンサンドをオーダー。
セットメニューでしたが、野菜サラダも量が多く充分満足。
オープンサンドも良い味とボリュームがありこちらも満足。
デザートは、200円の別メニュー。
アフターで同じ珈琲を再度いただき、更に満足。
一応カフェと銘打つだけあり、珈琲が美味しいのは当たり前だろうが、そうでない店も多くガッカリするが、ここは良い店でした。
デザートなしで、1,200円で、この珈琲お替わり自由はリーズナブル。
モーニングは7:00からなので、こちらも食指が動くが、我喫茶きまぐれの朝食メニューの方が更にリーズナブル(笑)。
セット以外の珈琲単体は全て400円と我仮想喫茶店と同じ金額。
これ以下の金額だと、商売になりませんからねぇ。
でも、一人何役もこなしながらのモーニングサービスは辛い事もありますなぁ。
たまには、お客様身分でモーニング珈琲を味わいたい気分にしてくれるようなお店でした。

Powered by FC2 Blog