プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


昨夜半、雨音に驚き家じゅうの開け放った窓を閉めました。
犬のカイ君が施錠代わりなので、夏は玄関と犬小屋から離れた居間の一部を閉めるだけ。
その雨も暫くすると上がったようです。
それでも韮崎アメダスによると夜半頃1時間強の間に26㎜の雨が降ったようです。
この雨が一日降り続くと・・・・恐ろしい事です。
当地は雨量が少ないので農業用溜池が多く点在しています。
今朝も今回の豪雨被害で被災された瀬戸内側地方の事を報道していました。
そちらも通常雨量が少ないようで、農業用溜池が多くあり決壊が心配されているとの事。
ですから、他人事とは思えません。
当地も同様な状況ですから、市のHPからハザードマップを閲覧しました。
洪水

土砂災害
水害ハザードマップ、土砂災害ハザードマップに加え、溜池ハザードマップがありましたよ。
以前も投稿しましたように一部富士川口を除き、甲府盆地は2,000mから3,000mの山稜が連なり、雨雲の多くをブロックしているようで、年間降水量が1,200㎜程。
下手をすると1,000㎜以下なんて年も過去ありました。
特に拙宅の付近は台地なので農業用水の確保は先人からの悲願でした。
そのため、各地に多くの農業用溜池が作られてきました。
溜池
でも、このように溜池ハザードマップが用意されているとは、おもいませんでした。
とは言え溜池の直ぐ近くや、放水路の近くにも新興住宅地が整備されています。
幸い拙宅の地区はいずれのハザードマップにも該当せず、今の処安心できます。
数十年に一度と云った規模で起きる災害が、今やまるで日常的に起こっています。
ですから決して侮る事はできません。
皆さまもお住いの自治体にハザードマップが用意されていると思います。
各HPから閲覧できますのでお試しください。
そしてもしもの備えとして、水災や雨による土砂災害の場合にも適用される損害保険を準備なさることをお勧めします。
通常の損害保険(火災保険)の場合、水災適用されないことがありますのでご注意ください。
拙宅の場合、どう考えても水災に遭いそうにない地形の地域にあるため、水災保険を契約していません。
たぶん大丈夫だと思うのですが・・・・・?。
今回の豪雨災害で多くの方が亡くなられ、また家屋等の被害も相当数に上っております。
亡くなられた皆さまのご冥福をお祈りいたします。
また、少しでも被害を小さくするためにも上記のようなハザードマップのご利用をお勧めします。
今日は、私が住む地域の特定疾患受給者証更新手続きの日。
全疾患の患者さん達を一日で受け付けると云った、凄いですよね。
もちろん、他の地域や中北保健所で更新を受け付けておりますが、遠出になりますし暑いさなかですから、できるだけ地元で更新したいもの。
以前は、受付予定時間前に手続きが始まっていたのですが、昨年は定刻どおりに実施され、長時間待たされる羽目になりました。
誰かがクレームを付けたものか、今年は受付時間を1時間も前倒ししたようで、楽でした。
受付会場は、拙宅から丘を越え車なら10分程の距離。
提出書類のチェックリストまで用意され、お役所的にいろいろな書類を提出しなくてはならず、年寄りには????ですなぁ。
それでも10:00頃には会場を出る事ができて一安心。
IMG_6333.jpg
あとは、認定され新しい受給者証が届くのを願うだけ。
拡張型心筋症の主治医によると、昨年の認定から対象者の選別が厳しくなったようで、多くの患者さんが認定されなかったそうですから、今年はどうなりますやら。
マイナンバーの記載やら証明やら、以前に比べ、格段に面倒な手続きになりました。
この受給者証の更新手続きには、臨床調査個人票をはじめ、多くの医療検査が必要となり、金額的にも多くの費用が掛かります。
対費用効果を考えると、私程度の自己負担率だと、余りご利益が無いのかもしれませんが、もしも病が悪化した場合を考えると、受給者証を更新せざるを得ません。
7月も既に中旬となり、例年ならば国蝶オオムラサキを愛でに行くのですが、下肢の踏ん張りが効かないので、傾斜地や不整地に足を踏み入れるのは躊躇せざるを得ません。
以前なら、MTBのアバランチェでアプローチも簡単だったのですが、自転車にも跨れないふがいなさ故、AZオフロードでご近所里山に出掛ける始末。
IMG_6329.jpg
午前中、そんなクヌギ林の入り口に車を止め、暫く空を仰ぐと懐かしいオオムラサキの舞うシルエットが浮かびますが、一頭を確認しただけ。
手近まで、かの蝶がやって来ず詳細は分からず仕舞い。
過去大発生した折は、そこかしこに目だったのですが、今年も優雅な姿には会えません。
あと暫くの間、クヌギ林詣でが続きそうですなぁ。
アバランチェで憩うオオムラサキ♂
こちら、10年近く前の古い画像ですが、アバランチェのブレーキアーチにアクセサリーのように舞い降りたオオムラサキの♂。
この頃は私も元気でしたが、今はねぇ。
無理せず一時間程クヌギの梢を仰いだ後、撤退しました。
IMG_6331.jpg
午後からは掛かり付けの眼科クリニックで予約していた、視野検査を受けて、今日の予定は終了。
視野検査は、瞳孔を開いたりしないので苦痛は余りありませんが、光点を探すために目を見開かねばならず、ストレスと目が疲れますね。
次回の眼科検診は、9月に入ってから眼底精密検査を受けなければなりません。
こちらは瞳孔全開の苦痛を伴います。
そのため曇りや雨天を選んで日程を調整する予定です。


夜半過ぎ、毛布を蹴飛ばしていたせいか、寒さで目覚めました。
未だ毛布は、ナンチャラ・ウォームと云った某量販店で販売している冬用のもの。
昨年も夏用寝具の出番がなく、上記毛布を常用。
当地、気温こそ上がろうが、風が通り抜けるため市街地に比べれば遥かに涼しい地域。
もちろんその分だけ冬の風は半端じゃありません。
韮崎アメダスによると、今朝は20℃以下まで冷え込んんだようですが、この後もちろん真夏日気温に達するのは、あたりまえ。
今週後半に使うお薦め珈琲豆は、コロンビア・ウィラ・サンアウグスティン・スプレモ。
この豆を200gシティローストに仕上げる予定です。
どうもジェネカフェの温度センサーが逝っちゃってるようで、当てにならないためチョット高温での焙煎になり、235℃設定でも240℃まで上るようになりました。
まあ、温度や時間より、豆の色と排気の匂い、そして一番重視するのは、豆が爆ぜる音。
比較的大きな音の一爆ぜが静かになり、短くチッっと二爆ぜが始まる瞬間を捉えヒーターを切りました。
余熱でその後も僅かに二爆ぜの音が続きましたが、何とか目論見どおりに仕上がった筈。
豆の表面には油がまったく滲まないため、少し浅めの焙煎度合になったかもしれません。
取り敢えずテースティングは、明朝の予定。
IMG_6328.jpg
午後から嫁が出掛け、家には私と学校から帰ってきた孫だけ。
空模様を見ると拙宅周辺上空には晴れ間が見えますが、西と東の空には、かなとこ雲・・・・・!!そして遠雷の音。
洗濯物を取り込むのは言うまでもありませんなぁ。
180709.jpg
レーダーナウキャストで、発雷傾向を調べると甲府盆地の西と東に雷雲が見られます。
家の各窓が全開のため、夕立が来ないことを祈っております。
閉めると暑いですからねぇ。
曇りがちで涼しかった午前でしたが、午後久しぶりにお日様が顔を出した当地。
甲府は、もちろん真夏日ですが、韮崎アメダスは28.5℃とチョット低いけれど蒸し暑い。
我AZオフロードの原型車種たる、スズキ自工のジムニーがフルチェンジしたようなので、スズキディーラーのお店を二男と見学。
20年ぶりのモデルチェンジだそうで、新型カッコ良いですね。
IMG_6320.jpg

IMG_6321.jpg
まあ、今乗ってるAZオフロードだって、14年目で未だ走行距離16万キロ手前ですものマダマダ現役です。
いつも投稿しているように車は、点検修理を怠らなければ、長く使えるますからね。
もちろん新しいジムニーに買い替える予算なんてありませんけどね。
サイドアンダーミラーがフェンダー上から消え、インタークーラー吸気口(昔パワーバルジと呼びませんでしたか)がボンネットから消えてスマートになりました。
マツダでは、もうAZオフロードを販売しないので、新型ジムニーをOEM販売する事は無さそうです。
IMG_6326.jpg
一抹の寂しさも覚えながらトレイに置くCDは、こちらのモツソナ。
お気に入りのKv.284を手近にあった若い頃のマリオ・ジョアオ・ピレシュさんの録音からです。

Powered by FC2 Blog