FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


昨夜故有って、地球温暖化に関する説明文をでっち上げました。
ツマグロヒョウモンと云うタテハチョウ科の蝶から私自身が実感した話です。
現在環境問題として最も重要なのは地球温暖化についてでありましょう。
今夏の山梨県は連日猛暑日を記録しておりましたが、この傾向はもう以前から続いてきたようです。
また、冬季も寒暖を繰り返しながらも次第に寒い期間が短くなったようにかんじます。
この山梨県に於ける気候の温暖化を実感したのはある蝶の生育からでした。
ツマグロヒョウモンがその蝶の名前です。
数年前の事、拙宅で嫁が育てていたビオラを一日で丸裸にしてしまった虫を見つけ、調べてみるとツマグロヒョウモンの幼虫でした。
1809131.jpg
上の画像が拙宅のビオラに産卵のためにやって来たツマグロヒョウモンの♀、下の画像は嫁が怒り心頭に達したビオラの食痕。
1809132.jpg
私が所有する昭和60年発行のサンニチカラ―ブックス「山梨の蝶」によると「迷蝶・偶産蝶」として分類され、生息できる気温の関係で本来冬季寒い山梨には生息せず、何かの拍子に迷い込んだ蝶として扱われていました。
そのツマグロヒョウモンの成虫だけでなく幼虫が春先ビオラに群がっていたわけで、生息域が広がっていたことを実感として知ることになりました。
それは、昭和の時代と比べ、近年気温が確実に上昇している事を蝶の生態をとおして実感したわけです。

唯暑い寒いじゃなく、生き物の繁殖範囲が変わってしまった事例をとおし、温暖化を感じた話です。
温暖化が二酸化炭素等温室効果ガスの増加に伴うのかどうは、解りませんけどねぇ。
霞を喰らうような年金生活でも一応健康が第一って事で、先日投稿したように今日は嫁と仲良く人間ドックを受診しました。
13年前、心不全を発症した際お世話になった、甲府市の総合病院です。
予約してありますが、早めに出掛け、受付順2番と3番をゲットできて一安心。
お決まりの血液検査、体重身長、筋肉量、超音波診断、そして内視鏡検査他盛り沢山の内容。
アッチ行ってコッチ行ってと、相変わらず忙しい受診が続き、しかもチョットややこしい順路のため、今年も例年通り一度迷子になったのは私。
まあ、何とか戻れましたが、みっともない限り。
大体半日で検査が終了し、ヘルシーな食事を摂り、受診結果の講評を二人で聞きオシマイ。
結果は、二人とも例年同様で、癌が見つかるとか云った物騒な話はなく一安心。
あとは、検査結果を各掛かり付け医に見ていただき、今後の対応をお願いするだけ。
4日間に渡り服薬量を1錠減らしていたワーファリンも元の4錠に戻り一安心。
おかげで無事胃カメラ検査も受ける事ができ、検査結果も従来どおりで大きな問題はないとの事。
朝食を抜いた分を考慮して昼食を用意していただいたとの事ですが、いつもより少し空腹気味。
気持ちだけ節制していましたが、今夜から元にもどして・・・・(笑)。
今週後半の我喫茶きまぐれのお薦め珈琲は、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ。
南米コロンビアには、缶コーヒーでも有名なエメラルドマウンテンやナリーニョ等の有名銘柄がありますが、このサンアウグスティンも高級な部類に属します。
産地指定がない一般のコロンビアのグレードもあり、深煎りすると美味しいですね。
今日のサンアウグスティンスプレモ、焙煎度合はシティーロースト辺りを目論んでいます。
ジェネカフェをいつものように235℃に設定し、焙煎開始後15分程で先ず一爆ぜとなりました。
16分経過前に一爆ぜが終わり、17分前に二爆ぜがはじまりました。
二爆ぜの音が大きくなる前にヒーターを切って冷却工程に入ります。
ジェネカフェの修理が完了し、温度管理が楽になりましたが結局頼りになるのは、豆が爆ぜる音を聞き分ける事が重要ですし、豆の色と油の滲み具合も重要な情報源。
IMG_6432.jpg
テイスティングは明日以降の予定、さて、復活したジェネカフェの実力発揮を望みたい処です。
韮崎アメダス、朝の最低気温18.3℃、最高気温25.8℃。
もうアイス珈琲は店じまい(笑)。
午後の珈琲は、マキネッタでタンザニアエーデルワイスを淹れましょう。
もはや夏は秋雨の彼方に過ぎ去り、日中の最高気温も辛うじて一瞬だけの夏日。
朝は20℃以下まで気温が下がり、夜間でも開け放っていた窓も今は閉めて休んでいます。
秋雨前線の影響とかで、方々大雨が降っているそうです。
一雨一雨秋が深まると申します。
IMG_6431.jpg
昼頃から当地も雨模様でしたが、それまでの薄日も差す短い時間、長男が持ってきた栗を干してみました。
大粒の栗、里山はもう秋たけなわ。
稲刈りもあちらこちらにで始まっています。
いつの間にかヒグラシの声も聞こえなくなり、秋虫の声だけが夕暮れに響くようになりました。
PCに取り込んであるビル・エバンスのポートレート イン ジャズを久しぶりに流しながらブログの更新。
いかにも秋ですねぇって気持ちになるこちらのアルバム。
一番最初に聴いたのは、今も退職したにも関わらずこき使われているアルバイト先の独身寮。
もう半世紀近くも前の事、同僚と一升瓶の赤葡萄酒を煽りながら聴いていたのを思い出します。
今と違い当時殆どの会社は今で云う、まるでブラック企業???、夜明け前から夜中まで働き、寮に帰って夕食をアテに一杯ひっかけた後、同僚達と辛い仕事を慰めながら更に酒量が増えるだけ。
まあ、一人四畳半の個室と3食付き、ちゃんと残業代も出るわけで、文句も言えなかったんですけどねぇ。
同期入社の社員が皆直ぐ辞める中、お陰様で、苦労しながらもいろいろ仕事を覚えたのが役に立って、今もこんな体になっても扱き使われているわけです。
youtubeからこのアルバムを貼っておきます。
そんな感傷に浸るには良いアルバム。
昨日は二十四節気の一つ白露でした。
確かに日中は真夏日を記録しても朝夕だいぶ涼しくなりました。
処暑が過ぎて秋分になりますが、その半分辺りで草木に朝露が付き始める頃だそうです。
今日も韮崎アメダスは、30.4℃と真夏日でしたが、一日乾いた風が吹き暑さもそれほど感じませんでした。
日暮れもだいぶ早まり、17:〇〇前から車には前照灯を点けて欲しい季節となりました。
そんな夕暮れに掛けるCDは、先日も聴いていた、クロードドビュッシーのボックスセットから室内楽を集めたもの。
180909.jpg
ピアノトリオト長調、チェロとピアノのための夜想曲とスケルツォ、弦楽四重奏曲、フルートのためのシランクス。
中でもアンドレプレビンのピアノ、ジュリー・ローゼンフェルドのバイオリン、ゲイリー・ホフマンのチェロによるピアノトリオが好きです。
弦楽四重奏曲、手持ちのジュリアードSQ盤より、こちらの東京SQの演奏が私好み。
気が付いたら九月も明日で1/3が終わります。
そして、もう来月はハロウィンの季節がやって来るから孫達にお菓子の用意もしなきゃね。
昨年より2人増える筈だから、忘れないようにするからね。

Powered by FC2 Blog